surga Lab

営業部でも開発したい!!

とりあえずArduinoでLEDを光らせてみました

とりあえず初歩の初歩、LEDを光らせてみました。
まずはArduinoの単純な電源出力(5V, 3.3V)を利用して光らせてみます。

通常点灯回路

5V出力からLEDと抵抗に繋げるだけですね。接続にはジャンパ線を利用します。
LEDには向きがあるので注意。(長いのが+)
今回は1kΩを使いました。

f:id:hisurga:20161022191621p:plain:w400

写真はないですが光りました。よかった。

Lチカ回路

LEDを点滅させます。
今回はデジタル13番ピンを使います。

f:id:hisurga:20161022191623p:plain:w400

コード

当然プログラムも書きます。
Arduinoはユーザが多く、サンプルコードやリファレンスなど簡単に手に入れられるのが良いですね。

int LED = 13;

void setup()
{
  //13番ピンを出力に利用
  pinMode(LED, OUTPUT);
}
void roop()
{
  //13番ピンをオン
  digitalWrite(LED, HIGH);
  //500ミリ秒待つ
  delay(500);
  //13番ピンをオフ
  digitalWrite(LED, LOW);
  delay(500);
}

完成

光りました。やりました。

f:id:hisurga:20161022193435j:plain

予想よりも手軽で簡単に始めることができて驚いています。
ただし、このLチカで満足してしまう人も多いらしいですね。

私は今のところモチベがあるので大丈夫そうですが...